【ポルトガル・リスボン】一人旅におすすめの宿泊先エリア

今春、リスボンを旅しました。5泊6日の一人旅。

リスボンは楽しいです!治安も比較的よく、見どころもいっぱい、そして食事がおいしい。一人旅にぜひオススメしたい街です。

これからリスボンを訪れる方に、

「滞在したからこそ分かった!おすすめの宿泊エリアとホテル」をご紹介します。

とくに初めてリスボンを訪れる方、必読ですよ。


リスボンに限らず、初めて訪れる街は、宿泊エリア決めが悩み。

ホテルなどの宿泊先は、Booking.comや本で調べられるけれど、そもそもどこのエリアを選べばよいのか、よく分かりません。

しかも一人旅なら治安には気を付けたいところ。出来るだけ安全で、便利、でも宿泊費の高くないところがいい。。。

まずは、リスボンの宿泊エリアを見てみる

リスボンの宿泊エリアは大きくわけて6カ所あります。

・エドゥアルド7世公園:高級ホテルの集まるエリア
・リベルダーレ通り沿い:ビジネス街
・地下鉄グリーンライン沿い
・ロシオ駅周辺:リスボンのショッピングストリート
・バイシャシアード地区:リスボンの繁華街
・街の中心部:いわゆるダウンタウンです

どのエリアも公共交通機関(地下鉄、市電、バス)でアクセスできます。この6つのエリアから、おすすめの2エリアをご紹介します。

おすすめその1:地下鉄グリーンライン沿い

地下鉄グリーンラインは、リスボンの中心を走る地下鉄。空港からも、観光地へのアクセスもよく、本当に便利な路線です。

※リスボン空港からは、乗り換え1回、所要時間は20分~30。街の中心部(ロシオ駅、バイシャシアード駅、カイス・ド・ソドレ駅)へは乗り換えなしで行くことができます。

グリーンライン沿いがおすすめな理由は、大通り(アルミランテ・レイス通り)近くに宿泊先があること。

リスボンは、道が入り組みとても迷いやすい街。しかも石畳、細く急な坂が多く、スーツケースを引いての移動はかなり大変です。

その点、地下鉄グリーンライン沿いなら、大通りは舗装され、歩きやすく、道に迷うことも少ないです。

特に、リスボン空港の到着時刻が遅い方などにはおススメ。夜遅くに着いて、道に迷いたくないですし。

【ここに泊まりました!】

実際に私が宿泊したホテルは、グリーンラインのアラメダ駅(Alameda)そばのHotel A.S. Lisboa。3泊しました。

アラメダ駅は、空港からの地下鉄レッドラインも通っており、アクセスは申し分ないです。

ホテルの部屋は清潔で快適でしたよ!フロントの方も親切。

しかも朝食が美味しいのです。ビュッフェ式で、パンにシリアル、ヨーグルト、ハムなど。中でもフルーツが美味しく、搾りたてのフルーツジュースなどもありました。

ホテルの真横には大きな公園があり、夕方になると屋台が出て、ちょっとした食事もできますよ。ただし、園内にはスリらしきおじさまがウロウロしていたので、財布にはご用心です。

Booking.comで日本人の方のコメントも多かったので、それもホテル選びの決め手になりました。

 
Photo: booking.com

おすすめその2:バイシャ・シアード地区

 

リスボンの繁華街、バイシャ・シアード地区もおすすめです。何処に行くにも本当に便利な場所。主要な観光地・お店・飲食店は徒歩で行くことができます。

もちろん地下鉄の駅も、市電の停留所もすぐ近く。夕飯を食べて、徒歩で帰るのも充分に可能なエリアです。

また、バイシャ・シアードはこれぞリスボンという雰囲気。石畳に坂道、カフェやお菓子屋さんも数多くあり、街歩きの楽しいエリアです。ただし靴はぜひスニーカーで。ヒール靴はNGです!

  

ただし、バイシャ・シアードは道に迷いやすいです。だから宿泊先は、出来るだけ大きな通り沿いに選ぶのがおススメですよ。

夜遅くはやや治安に不安があるため、早めに宿に帰る方がよいかと思います。

【ここに泊まりました!】

バイシャ・シアード地区のAirbnbで2泊しました。このエリアはこじんまりとしたゲストハウスも多く、比較的若者の多いエリアです。宿泊費もやや安めでした。

ホテルの検索はBooking.comが便利です。

Booking.com

 

合わせてご紹介。一人旅におすすめのディナー場所

一人旅で困るのがディナー。寂しい、というよりも一皿の量が多く、色々なものを食べれきれないのが悔しい(涙)。「連れがいればなー」とも思うのですが、そこでおすすめしたいのがフードコート。

リスボンはヨーロッパの都市には珍しく、フードコートが充実しています。主要駅の近くやショッピングセンター内には、ほぼフードコートがあります。

ポルトガルの名物料理から、ワインとおつまみ、スープなどの軽食、パスタ、寿司(リスボンは寿司屋が多い!)、中華、スイーツまで、いろいろあります。

一人旅には大助かりです。値段もお手頃で、自炊よりもお得です。

中でもおすすめは、リベイラ市場のフードコート

リベイラ市場は、2014年にリニューアルオープンしたばかり。

ポルトガルの最新グルメが味わえる注目の場所です。営業時間は昼から深夜まで。ランチにもディナーにも立ち寄れますよ。


リベイラ市場の入り口


生鮮食品部門もあります

ここは英語メニューが充実しています。店員さんも英語対応OKです。

私はリスボン滞在中に何度通ったことか・・・毎日行っても飽きない!お店もいくつもあるので、通っていろいろなお店のグルメを味わうこともできます。

一番のおススメは、バカリヤウのコロッケとトマトリゾット。旅先でごはんが食べられるのは何とも嬉しいもの。

   

ぜひ一人旅のディナーには、リベイラ市場のフードコートへ!

リベイラ市場へは、地下鉄グリーンラインまたは鉄道のカイス・ド・ソドレ駅から徒歩1分です。

Mercado da Ribeira
フードコートの営業時間は10:00~24:00


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です