葛粉のご紹介

まもなく6月。6月になると葛の和菓子が和菓子屋さんの店頭を飾ります。菓子名に「水仙」とついているものは葛製のお菓子です。(形が水仙のものは、葛菓子とは限りません)

葛菓子の材料は「葛粉」。葛粉とはいったいどのようなものなのでしょうか?

そもそも葛粉とは?

葛粉の原料は、植物の「葛」の根のでんぷん。でんぷんを精製して粉にしたものが葛粉です。料理やお菓子作りの材料として使われ、そのほか風邪薬の葛根湯なども葛が原料です。

葛の花(画像引用元:Photo library)

 

葛粉を使った和菓子は?

葛の代表的な和菓子は、くずまんじゅう、くずきり、葛焼き、葛もちなどがあります。葛は加熱すると透明になり、その見た目の涼やかさから、主に6月~8月の夏の和菓子として、好んで食べられています。料理では主にとろみづけに使われ、「ごま豆腐」なども葛が使われています。

 

葛粉と本葛粉があります

葛粉は、スーパーや食材専門店、製菓材料店などで販売され、店舗によっては「葛粉」と「本葛粉」の2種類が置かれています。その違いは”材料”にあります。「葛粉」は馬鈴薯や甘藷のでんぷん等も使われており、「本葛粉」は葛の根のでんぷんのみが使われています。そのため、本葛粉の方が値段は高くなります。

「どちらの葛粉がいい」あるいは「本葛粉でなければダメ」ということはなく、料理やお菓子の用途に合わせて、2つを使い分けるのがよいのではないかと思います。

葛まんじゅうや葛切には、ぜひ本葛粉を

葛まんじゅうや葛切は、葛粉に水や砂糖を加えて作ります。いずれも葛の味をストレートに味わうお菓子。そのため本葛粉を使うのがオススメです。出来るだけおいしい葛粉を選ぶことで、本当に美味しい葛菓子が出来上がります。

本葛粉の名産地は奈良・吉野

本葛粉の名産地は、奈良県・吉野。吉野の本葛粉は品質が高く、ぜひ葛菓子作りにも使いたいですね。主な吉野の本葛粉メーカーをご紹介いたします。

◎森野吉野葛本舗
http://www.morino-kuzu.com/
奈良県・宇陀にある老舗。創業は南北朝時代だとか…歴史がありますね。購入は奈良県内の店舗の他、製菓材料店、通販でも可能です。

◎黒川本家
http://www.yoshinokuzu.com/index.htm
こちらも歴史のある老舗。江戸初期に創業。奈良・東大寺近くに店舗があります。通販はされていないようですが、製菓材料店などで購入可能です。

◎天極堂
http://www.kudzu.co.jp/guide/index.html
1870年創業。奈良県内にいくつか店舗があり、通販も行っています。

その他にもいろいろとメーカーはありますが、大きなところはこの3つになります。

東京なら、奈良まほろば館でも購入できますよ!

画像引用元:奈良・まほろば館

東京・日本橋の奈良まほろば館でも、上記3メーカーの本葛粉を購入することができます。「通販は送料がかかるから・・・」という方は、日本橋のまほろば館でぜひ。ついでに奈良のおいしいものも見つけられますよ!
http://www.mahoroba-kan.jp/

もちろん、富澤商店でも購入可!!

富澤商店は、さすがの品ぞろえです。100g~180g以内の少量単位で販売されています。
店舗に行く時間がないー!という方は、通販でも購入可能です。商品リンクを張っておきまーす。

■ 葛菓子をいろいろと作ってみたい方には・・・
やや量が多めの吉野本葛(森野葛本舗) / 180g(1,188円) がおすすめです。

■ 葛まんじゅうや葛切など、2種類ほどの葛菓子作りに挑戦したい方は・・・
天極 吉野葛 / 150g袋(1058円) がおすすめです。

■ まずは少量で購入し、葛菓子1種類を作ってみたい方には・・・
特撰本葛粉 / 100g (黒川本家謹製随一本葛を使用)(777円) がおすすめです。

(価格は2017年5月末現在のものです)

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です