どらやきのレシピ/作り方

どらやきの最も基本のレシピをお伝えしています。手作りでもお店顔負けのおいしいものが出来上がります。

調理時間:1.5時間

どらやきの材料:6~8個分

・全卵 :100g(約2個)

・砂糖 :100g

・薄力粉:100g

・重曹 :1.5g

・みりん:5cc

・水  :20cc

・サラダ油:適量

・つぶあん:210~280g(1個35g×6~8個)

※どらやき生地の基本配合は、卵1:砂糖1:粉1(三同割)です

 

どらやきのレシピ/作り方

ポイントは「生地の混ぜ方」

混ぜ方により、生地はしっとりにもふわふわにもなります。レシピでは、しっとり生地を作るため、空気をなるべく含ませません。ホイッパーを横に動かし、生地を混ぜます。

※東京三大どら焼きの「亀十」「うさぎや」「草月」。亀十はふわふわタイプ、うさぎやはしっとりタイプ、草月はふんわりタイプ。どんな生地がお好みですか?

1. 生地を作る

卵をボウルに割り入れます。ホイッパーを左右に動かし、卵のコシを切るようにほぐします

砂糖を加え、白っぽくなるまで混ぜます。重曹をごく微量の水で溶かし、加えます

dorayaki-mazeru1

 
薄力粉をふるい入れ、ホイッパーで粉を崩すように混ぜます。生地が滑らかに、すくうと”たらり”と垂れる状態なったらOKです
 
dorayaki-mazeru2 dorayaki-kiji1
 

2. 生地を休ませる

冷蔵庫に入れ、30分以上休ませます

 

3. 水とみりんを加える

水とみりんを加えて、ホイッパーで混ぜ合わせます

 

4. 生地を焼く

 
 

dorayaki-yaki

表面に気泡が現れ、気泡が貫通する前に裏返します

dorayaki-yakikawa1 
dorayaki-yakikawa2

生地の中心部が膨んだら、焼きあがりです。盆ザルやトレイの上にのせ、粗熱を取ります

dorayaki-yakikawa3 dorayaki-ananas3

焼き色の理想は、きつね色
どらやきが最も美しく焼き上がるのは、銅の天板。見事なきつね色になります。プロは銅板で焼いています。

ご家庭なら、銅製の卵焼き器がオススメ。関東型の18cm×18cmなら、一度に2枚焼くことができます。

5. あんをはさむ

あんの量は1個あたり30~35gが理想

あんを入れたら、あんと皮が接着するよう、軽く押して完成です

 

どらやきの作り方、動画も公開してます

 

どらやきの専用の道具

1. 銅鑼さじ
生地を流すためのさじ。真鍮製の銅鑼さじは適度な重さがあり、天板に生地を流し入れやすいです。またどら焼きが真丸に焼き上がります。サイズは2.2寸や2.4寸など。

2. 返しのヘラ
ヘラから柄までが一直線タイプのヘラ。きれいにどらやきを裏返すことができます

3. 焼印・焼きごて
千鳥や猫の肉球、スマイルマークなど種類はいろいろあります。焼印を押した自家製どら焼きのプレゼントはとても喜ばれます

購入は浅草・合羽橋の製菓道具店や、ネットで。

 

どらやきをアレンジしてみませんか?


◎あんをアレンジ

あんにフルーツ、ジャム、生クリーム、チーズ、アイスなど、お好きなものをプラス!

dorayaki2 dorayaki

◎皮をアレンジ
抹茶やココア、きなこ、黒糖を入れてアレンジ

◎形をアレンジ
ひと口サイズに焼くと、かわいいミニどら焼きに!あるいは、生地を楕円に焼いても、さらにかわいい!
dorayaki-small

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です