ずんだあんのレシピ/作り方(青大豆)

乾燥豆の青大豆を使った、ずんだ餡のレシピです。枝豆のずんだとは異なる、味わい深い餡の味。そのまま食べても美味しいですよ。

調理時間:1時間30分(吸水時間を除く)

ずんだあんの材料(出来上り500g)

  • 青大豆:200g
  • 上白糖:100g(乾燥豆の50%)
  • 水  :適量

青大豆は、普通の大豆に比べ、甘いのが特徴。スーパーなどではあまり見かけませんが、豆専門店や製菓材料店で購入できます。

おすすめの品種は「青雫」。豆自体がとても甘く、ずんだ餡にぴったり。。富澤商店で購入できます。

なお、同じような緑色の枝豆は、大豆全般の成長期の豆のこと。枝豆が成長すると、黒豆や黄大豆、青大豆になります。

青大豆 青雫 / 200g

ずんだあんのレシピ/作り方

1. 吸水(半日~1日)

ボウルに豆と、充分な量の水を入れます。豆がぷっくりと膨れたら吸水は終了です。ザルにあけて、水洗いしておきます。

 

2. 豆を ゆでる(60分)
鍋に、豆とかぶる量の水を入れ、火にかけます。豆が充分に柔らかくなったら、ざるにあけます。

3. 豆をペーストにする
フードプロセッサーに豆を入れ、粉砕します。プロセッサーが無い場合は、すり鉢ですることもできます。

粉砕し過ぎず、ある程度は粒を残しておきます。

4. 砂糖を加えて練る
鍋に豆と砂糖を入れ、ヘラで練りながら、ぽってりとした状態になったら火を止めます。バットに移し、完成です。

ずんだあんの食べ方

・白玉だんごにのせて、ずんだ餅に
大阪・堺のかんぐるみのような食べ方です

・洋風にずんだ餡のトライフル
ずんだ餡を少量の水でのばし、カステラ、黄桃のコンポート、黒豆、ホイップクリームをのせます

・寒天を使い、ずんだ餡の水ようかんに

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です